お問い合わせ

Recruit

インターン・プロボノ募集

私たちが解決したいのは、世界の誰もが解決策を探している、”難民問題”です。

“どのように、セクターを超えた協働を生み出せるか?”
“どうやって、人々の意識を変え、世論を作り出すのか? “

単に、事業拡大をすれば課題解決をするわけではありません。
答えのない問いの中で、仮説を作り、検証を重ねてゆく、ダイナミックな仕事の一端を担います。
私たちと一緒に、誰もが自らの境遇を乗り越えて、未来を築ける社会を作りませんか?

WELgeeに参画する3つの特典


異なる背景を持つ人と
協働する、生きた学び

WELgeeは難民支援団体ではなく、彼らと共に未来を作る団体です。 一人の生きた人間として、彼らと向き合い、彼らの人生に寄り添う中で、自分自身の価値観が覆されることもあるかもしれません。言葉、文化、背景の異なる人とコミュニケーションを取り、チームとして取り組むことはとても難しいことでもあります。しかし、だからこそ、表面上の”多文化共生”に止まらない、 生きた学びを得ることができます。

自分の頭で考え
想いを形にする機会

法人化より2年・様々なリソースが限られるWELgeeには、プロボノ・インターンの皆さんが、裁量を持って活躍できる機会があります.

“将来、社会企業を作りたい”
“NPOを作りたい”
“一生をかけて解決したい課題がある”

WELgeeには、あなたの想いを形にするための様々な機会があります。

難民分野の最前線で活躍する
専門家の勉強会への参加

WELgeeでは、在籍するスタッフの学びを大切に考えています。

難民や在留資格の知識をつけるために、年間受任件数1000件のWELgee顧問行政書士の長岡行政書士や、数々の難民認定申請裁判を勝訴に導いた、渡邊彰吾弁護士など、専門家たちが開催する、 クローズドな勉強会に参加することが できます。

WELgeeに参画するプロボノ・インターンの声


玉利ドーラ

企業研修事業・プロボノ
一人一人の個性・色を大切にするWELgeeのキーワードは「共に」だと思う。難民当事者一人ひとりと納得いくまで向き合うように、スタッフにもそう接してくれる。WELgeeの中での様々な刺激や感動、学びを通じて、ぐんぐん成長し続けている自分に、 とてもワクワクしている。

川上 敦士

PR部ファンドレイジング・インターン
言語や文化の差を壁でなくオモシロさとして捉える社会に強く憧れます。
まずはその最前線で想いと知識を蓄えたいです。一方で「伝える」ことについて、本質から学び技術を磨いていきたいと考えます

過去のインターン生の感想:
人生が鮮やかに色づいたスタートアップNPO長期インターン 前半後編
( WELgeeサロン事業統括・藤井優花)

WELgeeには、個性豊かな人たちが集まっています。

スタッフの平均年齢は26歳!

多くのインターン
プロボノが在籍中

男性・女性が50:50

-->