News
2020/06/24

御礼:チャリティー企画にご協力いただき、ありがとうございました

6月15 ~ 21日の1週間にわたって実施いたしました、「WELgee x Jammn」のチャリティコラボが終了いたしました。

多くの皆様にご参加いただき、チャリティの総額は295,680円となり、290名の方に、436点のチャリティアイテムを購入いただきました。
また、記事は788件シェアをされました。この期間中5名の方々よりいただいた寄付を含め、合計で352,680円のチャリティが集まりました。みなさまの暖かい応援に、心より感謝申し上げます。

チャリティコラボを通じて、みなさまにお伝えしたかったメッセージは、 【”SHAPE THE FUTURE TOGETHER” (ともに未来を築く)】
WELgeeは「人種」や「国籍」などの人が生まれ持った境遇にかかわらず、どんな人とも対等なパートナーとして、ともに未来を築ける社会の実現を目指しています。
異なる境遇を持つ他者と接する際に重要なのは「対話」をすること。向かい合う2人のシルエットが描かれたデザインは、難民や日本社会の様々なステークホルダーとの「対話」を大切にする、WELgeeの活動理念を表現しています。

チャリティを通じて、嬉しい声をたくさんいただきました。

「何かこう…コロナを機に、世界は一つにつながっているんだと、今、みんなが感じていることなので、ついでに、日本にいる難民にも関心が高まって、彼らに共感する人が増えたらいいなぁ。」
「今日6/20は世界難民の日。今日だけじゃなく、明日も明後日も、「難民問題」ではなくて、一人の貴重な人間としての存在に気付ける人が増えますように。」

 
本キャンペーンを通じて、「難民」という言葉の裏にあるユニークな個性に気づいてもらえると嬉しいです。
チャリティ期間は終了しましたが、引き続き、私たちの活動は続きます。日本に暮らす難民の方の活躍や、
WELgeeの日々の活動をFacebookやTwitter・note・Instagramにて発信して行きますので、ぜひフォローをお願いいたします。

▼WELgee公式Twitter

https://twitter.com/WELgee_Japan
難民に関わるニュースや、WELgeeで開催される勉強会の様子など、WELgeeで今起きていることをみなさんにお伝えします。  

▼『ウェルジーマガジン』note

https://note.com/welgee
答えの無い問いににもがき、あらがう姿を伝えたい。 ウェルジーマガジンは、私たちのありのままの「今」を皆さんに伝える記事を更新しています。ぜひフォローしてみてください。

▼WELgee公式Instagram

https://www.instagram.com/welgee_japan/

The "WELgee x Jammn" charity collaboration has ended! Thanks for your participation

With the participation of many people, the total charity was 295,680 yen, and 290 people purchased 436 charity items. In addition, articles were shared 788 times. During this period, a total of 352,680 yen. We thank you for your warm support.

The message WELgee wants to tell to everyone through the charity collaboration is
『”SHAPE THE FUTURE TOGETHER" 』
WELgee aims to realize a society in which we can build a future together as an equal partner with any person, regardless of the circumstances in which the person, such as "race" or "nationality," was born. When interacting with others with different circumstances, it is important to have a "dialogue". The design depicts two people facing each other. This expresses WELgee's activity philosophy, which values ​​"dialogue" with asylum-seekers and various stakeholders of Japanese society.

We received many happy voices through the charity.

"Something like this... Everybody now feels that the world is connected to one another with the corona as an opportunity, so at the same time, there is a growing interest in asylum-seekers in Japan, and people who empathize with them. I hope it will increase."

"Today is June 20th, World Refugee Day. Maybe today, tomorrow and tomorrow, there will be no "refugee problem" and more people will realize their existence as a precious human being."

Through this campaign, we hope that you will notice the unique personality behind the word "refugee". The charity period has ended, but our activities will continue. We will continue to send information on the activities of refugees living in Japan and the daily activities of WELgee. Thank you for your continued support.