News
2021/1/22

代表理事渡部の産休に伴う人事体制について


2021年1月23日〜2021年4月30日の間、代表理事渡部カンコロンゴ清花が産休に入ります。
渡部は産休後の2021年5月1日頃をめどに職務に復帰する予定です。ただし正確な復帰時期は、体調等によって変動する可能性がございます。

産休期間中の代表代行は、リソース部門の渡辺が行います。 NPO法人WELgeeでは、会議体の整備や意思決定の権限・責任領域の明確化、代表業務の引き継ぎなどを進め、代表理事の不在時にも通常通りの組織運営ができる体制を整えてきました。

任意団体設立より5年目となる今年度も、組織一丸となり、ビジョン・ミッションの実現に向け、更に力強く事業を推進してまいります。
引き続きWELgeeの活動への応援を、よろしくお願いいたします。

代表理事渡部からのメッセージ

ついに産休の時期がやってきました・・・!
私も含め、多くのメンバーが学生時代に参画し創業フェーズを駆け抜けてきたWELgeeにとって、私の妊娠・出産が組織としての初めての経験にもなります。

個人的には、自らの努力や意思ではどうしようもない変化を経験しつつ戸惑い学んでいる最中ですが、組織としては、これを機にまた新たな成長ができる気がしています。

もちろん不安もありますが、主体性と情熱に溢れた心強いメンバーが、私の産休中もWELgeeの主軸となって、インターナショナルズ(共に活動する難民の方々)や様々なステークホルダーの皆さんと、多くの挑戦を重ねてゆく期間になるだろうなと、ワクワクしながら想像しています。

あたたかく見守っていただきつつ、様々な挑戦に一緒にチャレンジさせてください!
私もお母さんになり、見える景色と視野を広げ、現場に戻ってきたいと思います。

予測不可能なことの連続で、明るいニュースばかりではない日々ですが、これから生まれてくる子どもたちにも、「私たちは皆社会の主人公で、この社会は私たちの手で少しずつ作り変えてゆけるんだよ」と伝えられる存在でいられたらなと思っています。

※産休期間中の代表理事渡部への連絡は、用件を添えて「info@welgee.jp」までお問い合わせください。
(写真は産休に入る渡部をWELgee職員林、山本、渡辺で送り出した集まりにて撮影したものです。写真撮影のため一時的にマスクを外しています。)