• 寄付する

    ウクライナ・アフガン避難民の
    人生再建のために

  • 寄付する

    寄付する

  • 企業との連携

    法人としてできること

  • WELgeeメンバーになる

    参加して支援する

NEWSお知らせ
お知らせ

WELgeeが「国際交流基金地球市民賞」を受賞

1985年より続く地球市民賞に、応募78団体から選定!

国際交流基金(JF)は、1985年より国際文化交流を通じて日本と海外の市民同士の結びつきや連携を深め、 知恵やアイディア・情報を交換し、ともに考える団体に対して「国際交流基金地球市民賞」を贈呈しています。過去には特定非営利活動法人難民支援協会・特定非営利活動法人テラルネッサンス等の団体に贈呈されてきました。

このたび、第 39 回となる 2023 年度の受賞団体に、応募総数 78件から、社会福祉法人 国際視覚障害者援護協会(IAVI)、特定非営利活動法人 ABC ジャパンとともに、WELgeeが選定されました。

a2e21e96b7c0f108bd11d6439493c23f-1705565522.jpg

WELgeeでは日本へ逃れた難民が企業で人材として活躍できるようになることを目指し、難民人材と日本企業をつなぐキャリアコーディネーションサービス「WELgee Talents」、キャリア教育やメンターシップ、スキル開発などの育成機会を提供する「育成事業」を運営しています。WELgeeの緊急支援に留まらない、難民の活躍機会を創出していく活動・スタンスが評価され、今回の受賞につながりました。なお、2月21日、都内にて授賞式が開催されます。

<授賞理由> (国際交流基金よりコメント)
NPO 法人 WELgee は、日本にやってくる難民のキャリアや人生の目標に基づく教育プログラムを提供し、雇用企業とのマッチングや就労後の伴走支援を通じて、誰もが未来を描ける日本をめざした活動を行っている。これまでに 400人以上の難民に伴走し、20人が専門性を活かした仕事に就いている。活動は就職支援に留まらず、難民経験者が講師を務める企業との連携研修や SDGs をテーマにした座談会などを通じて、難民のキャリアアップと国際理解の促進にも新たな挑戦を行っている。WELgee のアプローチは難民支援のみならず、在留外国人支援や国際理解活動においても示唆に富むものである。 

<受賞コメント> (代表理事・渡部カンコロンゴ清花)
「難民問題」は、どうしても、国連や各国政府、弁護士や支援団体にしか手が出せない専門的な領域のような気がするかもしれません。しかし実は、既存の社会のアクターが、彼ら彼女らと社会の接点を提供する、そして新たな価値を共に作り出すことで、人生の選択肢をいくつも増やしていくことが可能なのです。今回の受賞が、日本で頑張る彼らの存在やWELgee の活動を新しく知ってくださる方々と繋がっていく機会になったら嬉しいです。

■ 国際交流基金について
国際交流基金は世界の全地域において、総合的に国際文化交流事業を実施する日本で唯一の専門機関です。1972年に外務省所管の特殊法人として設立され、2003年10月1日に独立行政法人となりました。海外に25か国・26の拠点を持ち、「日本の友人をふやし、世界との絆をはぐくむ」をミッションに掲げ、世界の人々と日本の人々の間でお互いの理解を深めるため、さまざまな企画や情報提供を通じて人と人との交流をつくりだしています。

一覧へ戻る

 
  • 「世界の難民と、世界へ挑む。」海外コンテンツ展開も目論むフェリーチェにて、シリア出身エンジニアRさんの採用が決定!
    お知らせ
    「世界の難民と、世界へ挑む。」海外コンテンツ展開も目論むフェリーチェにて、シリア出身エンジニアRさんの採用が決定!
  • WELgeeがアクセンチュアら9社の協力により、難民と企業人が人権課題を解決する事業アイデアを発案する特別アイデアソンを開催!
    お知らせ
    WELgeeがアクセンチュアら9社の協力により、難民と企業人が人権課題を解決する事業アイデアを発案する特別アイデアソンを開催!
  • 【WELgee キャリア採用】求む、新しい仲間! 採用説明会のお知らせ
    お知らせ
    【WELgee キャリア採用】求む、新しい仲間! 採用説明会のお知らせ
ページトップ